農業の栽培においてIoTを活用した優れた取り組みを表彰 「第1回 農業IoTアワード」グランプリ決定!

Written by Mika | 17/03/28 19:02 | 0 Comments

Written by Mika | 17/03/28 19:02 | 0 Comments

農業の栽培においてIoTを活用した優れた取り組みを表彰 「第1回 農業IoTアワード」グランプリ決定!

1粒千円のミガキイチゴを生産している「株式会社GRA」がグランプリを受賞

 

ソフトバンクグループ傘下のPSソリューションズ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:鬼頭 周、以下「PSソリューションズ」) は、3月28日(火)「第1回 農業IoTアワード」の最終選考会を実施いたしました。

 

「第1回 農業IoTアワード」は、日本国内の団体・組織・企業・個人を対象に、「農作物栽培において、IT/ICTおよびIoTを活用した取り組み」を広く公募し、優れた取り組みに対して表彰するものです。選考は、選考委員会によって二段階で行われ、一次選考は書類選考を実施しました。一次選考を勝ち抜いた9団体が3月28日(火)に開催された最終選考会にてプレゼンテーションを行いました。最終選考会では、選りすぐりの9団体によるプレゼンテーションを受けて、選考委員が総合的に評価し、株式会社GRAを「第1回 農業IoTアワード グランプリ」として選出いたしました。

 

株式会社GRAは伝統的な職人の技を定量的に分析し、IoTを活用したイチゴ栽培に取り組んでいます。職人による栽培過程の定量化に加えて、映像を活用した研修による新規就農者の育成など、農業における先進的な取り組みが評価されました。

 

PSソリューションズは、本アワード開催を通じて、農業が抱える課題解決に資する科学とITを駆使した先進的な取り組みを支援し、周知させることで日本の農業の発展に貢献できればと考えております。

 

 

■「第1回 農業IoTアワード」開催概要

最終選考会:3月28日(火)

応募資格    :日本国内の団体・組織・企業・個人(複数の団体・組織による共同の取り組みを含む)

募集対象 :農業栽培領域においてIT/ICTおよびIoTを活用した取り組みを実施している自治体、企業、団体、個人

特設サイト : http://agriiot.jp/

 

■審査基準

1:実効性

(国内外農業の課題解決に貢献しているか)

2:将来性

(産業、および農業IoTの未来と発展に寄与しているか)

3:農業貢献度

(農産物の消費拡大に寄与しているか)

4:地域貢献度

(地域の食材・知恵・技術などを活かして地域発展に寄与しているか)

5:信頼性

(生産者や産地の情報が明確に伝わるなど、消費者からの信頼を高める工夫がされているか)

6:新規性・独創性

(他にはない新たな工夫が感じられるか)

7:パッション

(作り手の熱意や理念が伝わるか)

 

 

■表彰カテゴリー

【グランプリ】

・農業IoTアワード      株式会社GRA

【最優秀賞】

・最優秀農業生産者賞     株式会社GRA

・最優秀地方自治体賞     与謝野町

・最優秀農業協同組合賞    JA栗っこ

・最優秀事業モデル賞     株式会社ヤマタネ

・学術研究奨励賞       北海道士幌高校

【特別賞】

・選考委員会特別賞      宮崎県立農業大学校 テラスマイル株式会社

・協賛企業特別賞       デザミス株式会社 Listenfield Co.,Ltd.

・ベストプレゼンテーション賞 デザミス株式会社

 

 

【農業IoTアワード グランプリ受賞企業】

■株式会社GRA 会社概要

・会社名           :株式会社GRA / GRA Inc.

・本社               :〒989-2201 宮城県亘理郡山元町山寺字桜堤47

・代表取締役社長:岩佐大輝

・資本金    :3,420万円

・ホームページ :http://www.gra-inc.jp/index.html

 

 

■PSソリューションズ株式会社 会社概要

・会社名    :PSソリューションズ株式会社

・本社     :〒105-7104 東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター4F

・代表取締役社長:鬼頭 周

・資本金    :1億円 ソフトバンクグループ株式会社100%出資

・ホームページ :https://www.pssol.co.jp/

 

 

 

Topics: News, Events

Mika
Written by
Mika

Read posts