G7関係閣僚会議の会合展でIoT技術の紹介を行いました

Written by Mika | 16/05/25 14:15 | 0 Comments

Written by Mika | 16/05/25 14:15 | 0 Comments

G7関係閣僚会議の会合展でIoT技術の紹介を行いました

PSソリューションズ株式会社

ソフトバンクグループのPSソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鬼頭 周、以下「PSソリューションズ」)は、2016年G7関係閣僚会合にあわせて開催された会合展に出展し、日本の技術力を各国の関係者にアピールする一助として、「IoTの未来」をテーマに、主力製品とサービスの紹介を行いました。
PSソリューションズはさまざまな分野で活用できるIoTソリューションの開発・提供を行っています。G7新潟農業大臣会合では、IoTを活用した農業支援ソリューション「e-kakashi(いいかかし)」を、G7香川・高松情報通信大臣会合では、モビリティ向けIoTサービスを活用した香川県の豊島で提供中の電動二輪車レンタルサービス「瀬戸内カレン」をそれぞれ出展しました。

 

■主な出展内容

<e-kakashi>
新潟国家戦略特区PRブースに、農業IoTソリューション「e-kakashi」の実機を展示し、Webアプリケーションのデモを行いました。実際にほ場から集めた環境情報や生育情報を、わかりやすく分析した結果をタブレットでご覧いただきながら、IoTが変える農業の未来を体感いただきました。

 

20160525_G701

欧州委員会農業・農村開発担当委員のフィル・ホーガン氏が、当社ブースを訪問されました。(写真左から2人目)「e-kakashi」の概略や、実際の農業現場における「e-kakashi」の活用方法について説明いたしました。

 

20160525_G702    20160525_G703

Webアプリケーション利用イメージです。収集したデータをわかりやすく分析して、表示します。栽培記録の蓄積や共有(別途設定が必要)も可能です。

 

20160525_G704

森山裕農林水産大臣より、出展の協力について感謝のお言葉を頂戴しました。(写真中央)

 

<瀬戸内カレン>
IoT推進ラボに参加する企業として、「Internet of Moving Thingsで日本の移動を変える」をテーマに、サービス提供中の「瀬戸内カレン」と、その未来について展示を行いました。Internet of Moving Thingsとは、モビリティを移動体通信網につなげ、充電状況や位置情報をもとに、利用者をリアルタイムにサポートする技術です。当社は香川県豊島でこの技術を活用した電動二輪車レンタルサービスを開始しており、多くの観光客の皆さまから豊島観光の足として利用されています。

 

02160525_G705

Internet of Moving Thingsを活用している電動二輪車レンタルサービス「瀬戸内カレン」の管理画面です。クラウドによってリアルタイムで、モビリティの位置情報、走行可能距離、バッテリー残量が把握できます。

 

20160525_G706

林幹雄経済産業大臣が、「瀬戸内カレン」のブースを訪問されました。(写真左から3人目)実際に豊島で利用している電動二輪車のほか、Internet of Moving Thingsを活用した「瀬戸内カレン」の管理画面から、レンタル中のモビリティの位置情報などをリアルタイムでご覧いただきました。

 

※IoT推進ラボは、IoT推進コンソーシアムの下で、先進的IoTプロジェクトの発掘・育成に向けた、企業連携・資金・規制改革支援を実施する団体です。
https://iotlab.jp/jp/index.html

 

■展示概要

1) G7新潟農業大臣会合 新潟国家戦略特区PRブース

会期:2016年4月22日(金)~24日(日)

場所:朱鷺メッセ(新潟市中央区)

展示ソリューション:「e-kakashi」(https://www.e-kakashi.com/

 

2) G7香川・高松情報通信大臣会合 IoT推進ラボ企業出展ブース

会期:2016年4月28日(木)~30日(土)

場所:サンポート高松 デックスガレリア

展示ソリューション:「瀬戸内カレン」(http://www.setouchi-karen.com/

 

【本件に関するお問い合わせ先】

PSソリューションズ株式会社 広報部
pr@pssol.jp

Topics: News, Events

Mika
Written by
Mika

Read posts